アジアン家具

安らぎの場所を生む、アバカ仕様

ABACA(アバカ)は東南アジアを原産とするバナナの木の一種で、その表皮にすぐれた強度があることから、ロープの原料として使われるなど、さまざまなプロダクトの材料として用いられてきました。

耐久性もあり、しっかりとした網目でインドネシア、バリ等の家具には広く使用されています。